なぜ不妊の方が多いのでしょう?ドパミンアゴニスト療法、HCG療法、ゴナドトロピン療法、不妊治療は大変な治療です。経済的負担、時間的な負担、精神的負担。大変なことです。

ホルモン療法


排卵機能回復のために行う治療で、黄体機能不全や、

長期の低体温、排卵がない状態の時ホルモン検査や

基礎体温を元に、排卵誘発剤などをつかいます。

妊娠しやすくするため、排卵があっても、

排卵誘発剤を使用することがよくあります。

服用の薬としてクロミフェンやシクロフェニル。

注射用としては、ゴナドトロピンとよばれる

HMG製剤やHCG製剤があります。

排卵障害が軽い場合は飲み薬、排卵機能障害が

強い場合は注射の治療に移行して行きます。

排卵誘発剤としてよく使われるクロミフェンは、

脳に働きかけて、ゴナドトロピン放出ホルモン(GNRH)

の分泌を促し排卵機能の回復を図り、

ゴナドトロピン放出ホルモン(GNRH)は、

脳の視床下部からのホルモンで下垂体から

卵胞刺激ホルモン(FSH)と黄体化ホルモン(LH)の

分泌を促しますこの卵胞刺激ホルモン(FSH)と

黄体化ホルモンが卵巣を刺激し、排卵を促します。

クロミフェンは、月経後5日目から5日間一日、

2〜3錠服用しその後一週間ぐらいで、排卵します。

無排卵の方はの80%〜90%、

軽い無月経の人で60%〜70%ぐらい

妊娠率は25%〜30%です。


副作用の無い安全で自然な妊娠術

効果がなければ全額返金は⇒⇒⇒⇒こちらです


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。