なぜ不妊の方が多いのでしょう?ドパミンアゴニスト療法、HCG療法、ゴナドトロピン療法、不妊治療は大変な治療です。経済的負担、時間的な負担、精神的負担。大変なことです。

不妊治療は病院と民間療法と併用のすすめ。

不妊で悩んでいる貴方。

現在、妊娠に対する自分の身体が整っているか

病院で検査が必要です。病院で本格的に

治療するかしないかは身体の状況次第ですが

検査の結果身体に異常があった場合は、

機能回復のための治療をするのは

言うまでもありません。

多分既に、病院で検査治療をしている方が

このブログを見ているものだと思います。

そこで、民間療法の良いとこ取りを

おすすめします。病院で身体の異常

がなければ(特定の病気)身体の

妊娠力アップが必要です。

不妊の原因は男性にもあります。

確率は約25%。男性の精子を

調べておくのも必要になる時がありますが。

まずは、貴女が妊娠しやすい身体作りで、

妊娠を成功させましょう

詳しくは⇒⇒⇒⇒⇒⇒こちらのページへ

ホルモン療法


排卵機能回復のために行う治療で、黄体機能不全や、

長期の低体温、排卵がない状態の時ホルモン検査や

基礎体温を元に、排卵誘発剤などをつかいます。

妊娠しやすくするため、排卵があっても、

排卵誘発剤を使用することがよくあります。

服用の薬としてクロミフェンやシクロフェニル。

注射用としては、ゴナドトロピンとよばれる

HMG製剤やHCG製剤があります。

排卵障害が軽い場合は飲み薬、排卵機能障害が

強い場合は注射の治療に移行して行きます。

排卵誘発剤としてよく使われるクロミフェンは、

脳に働きかけて、ゴナドトロピン放出ホルモン(GNRH)

の分泌を促し排卵機能の回復を図り、

ゴナドトロピン放出ホルモン(GNRH)は、

脳の視床下部からのホルモンで下垂体から

卵胞刺激ホルモン(FSH)と黄体化ホルモン(LH)の

分泌を促しますこの卵胞刺激ホルモン(FSH)と

黄体化ホルモンが卵巣を刺激し、排卵を促します。

クロミフェンは、月経後5日目から5日間一日、

2〜3錠服用しその後一週間ぐらいで、排卵します。

無排卵の方はの80%〜90%、

軽い無月経の人で60%〜70%ぐらい

妊娠率は25%〜30%です。


副作用の無い安全で自然な妊娠術

効果がなければ全額返金は⇒⇒⇒⇒こちらです

自然妊娠は、おじいやおばあの為だけじゃない


不妊治療で心も身体も疲れてしまっている貴女!

自然妊娠という言葉にしばし耳を傾けて

いただきませんか。卵巣誘発剤など

薬でホルモンバランスを整えたり、

大変な治療です。体内に刺激を与える

治療をしばし、お休みしませんか?

自然に妊娠をする方法を考えましょう。

体調がすぐれないときは、体内の

ホルモンのバランスが崩れている場合が

多いのですが、薬で治しますか??

自然に、あることを毎日5分続けることで

妊娠力アップできる方法があります。

御案内するのはそんな方法ですが

読むだけでも妊娠に対する考えが

変わることは確かです。

詳しくは ⇒⇒⇒⇒⇒  ☆こちらから☆ 




タグ
不妊
自然妊娠

石田純一&東尾理子“妊活”励む

俳優の石田純一(57)、東尾理子(35)夫妻が25日、東京・表参道ヒルズで行われた「JJA ジュエリーつながり愛キャンペーン」チャリティーイベントにそろって登場し、赤ちゃんを授かるための“妊活”経過を明かした。夫妻は現在、不妊治療で体外受精を試みており、20日のイベントでも今月18日に採卵したことを明かしている。石田は「毎月検査して、やるべきことはやってあとはお任せしている。毎月、手紙が届くか待っている状態」と、病院からの“朗報”を待っていることを告白。  キャンペーンはジュエリーできずなを深めようというもので、「常に婚約指輪を外さない」という東尾は、「家の中で名前を呼ばれるとつながりを感じる。話が長いけど、そういうとこが大好き」と笑顔でラブラブぶりを見せつけていた。 【関連記事】 、 、 を調べる 「この記事の著作権はデイリースポーツ に帰属します。」







タグ:妊娠

妊娠する為に必要な運動

現代の食事は大きく変化し、三大栄養素偏重時代になっています。

そして、適度の運動です。全自動洗濯機などない時代、二層式の洗濯機の時代です。掃除機はありましたが、同時に畳を茶っぱの出がらしを絞ったもの(ほこりを取るために)や、新聞紙を濡らして絞って千切ったものを畳に撒いたりして、ほうきで掃いていました。買物は、毎日出かけてしていました。

適度の運動は主婦の毎日の仕事で、十分にしていました。現在の便利な時代ではなく、結構、時間がかかってしまった訳です。そうゆう背景もあり、妊娠する為の健康は保たれていたのです。
これは、女性だけでなく男性にも共通しています。男女ともに健康だった訳です。

それを、現代の不妊症(なかなか妊娠できない方)に当てはめて、自然妊娠することができる方法として、紹介をしています。

そして、便利になったことでの妊娠に悪い影響を与えているもの、成分について分かり、避けることも大きな大切なことです。
そのことも含めて総合的に自然妊娠できる方法として大きな成果を出しています。

詳しくは、⇒⇒⇒こちらからどうぞ






リンク
不妊症どうしていいのかわからない
妊娠したいけどできない、二人目の妊娠(排卵前の13日間の秘密)
不妊症の治療方法と栄養の関係
不妊症とゴナドトロピン療法(hMG・hCG療法)

妊娠は無理だとあきらめていませんか?

eyes033.jpg私のお店に来るお客様は、長いお付き合いの長い方が多いんです。

お客様のお嬢さんや息子さんが結婚して、何年も不妊治療をしている方がいます。また、不妊治療はしていないけど、早く赤ちゃんが欲しいのに、妊娠をしていないご夫婦が、結構多いのです。お客様は、孫の顔を早く見たいけど、あんまり言わないことにしてるんですよ。と言っていました・・・・。

何年も不妊治療している方がなかなか、おめでたがないので、不妊治療(治療費は50万とも100万とも言われています)をあきらめていた時の話なんですが・・・

自宅でできるある方法を素直に実践したら、2ヶ月後、嬉しいお知らせが・・・・ご懐妊したんです!!。

あんなに何年も、夫婦で大変な思いもし、費用もかかり、時間も費やし、もうできないとあきらめていたのに・・・・

お客様が話してくれた、2か月で妊娠した方法は・・









リンク
不妊症とクロミフェン療法
不妊症の治療のドパミンアゴニスト療法
不妊症療法は、女性だけではなく男性も必要です。不妊症治療、夫婦一緒に自宅で出来る方法とは
不妊症でも自然妊娠ができる方法

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。